多汗症の治療法

多汗症の治療は大きく分けて3種類

今から説明するのは多汗症の治療方法です。多汗症には何種類かの治療法があります。その説明を今からしていきたいと思います。

 

 

多汗症の治療は大きく分けて3種類の方法があります。

 

その治療方法とは、精神療法、薬物療法、手術の3種類です。

 

多汗症の原因は精神的なものだけではありません。しかし、精神療法が多汗症の治療に有効であるということも事実です。

 

特に、精神療法がおすすめの状態は、汗をかくこと自体に強く恐怖を感じているというような状態のときです。

 

精神療法では、カウンセリングをすることで多汗症に対する恐怖感をやわらげたり、取り除いたり、交感神経の働き自体を正常にしていくなどの効果が得られます。

 

薬で汗を抑えるという薬物療法では、神経遮断薬である抗コリン剤という薬を用いるのが一般的です。

 

多汗症に効くという薬の抗コリン剤は、汗をかくときに交感神経から出るアセチルコリンという物質を抑えるという働きがあります。

 

ただし、副作用があります。口が渇いたり、便秘になったりといった副作用です。薬を服用するときには、医師とよく相談してから飲むようにしましょう。

 

また、精神安定剤を多汗症の治療、薬物療法で使うこともあります。

 

この目的は、抗コリン剤のように物理的に汗を止めるのではなく、精神的な緊張を和らいでいき多汗症の症状を少しずつ抑えていくことが目的です。

 

精神療法・薬物療法の2つの治療法は、完全に多汗症を治すというものよりは、症状を緩和させるものです。

 

完全に治したい、完全に治すというのなら手術が必要になります。

 

多汗症の手術をする場合、発汗を促す交感神経をブロックすることが目的となります。

 

手のひらの汗ならわきの下を数センチ切って、胸腔鏡という医療器具を使って胸部交感神経を遮断します。

 

その手術の特徴として、全身麻酔が必要ですが、手術時間自体は短く、患者への負担が小さいことです。

 

多汗症の治療が行われているのは皮膚科、心療内科、美容外科などです。

 

 

多汗症は3種類の治療により 症状が落ち着いてきます。上の治療法で多汗症が落ち着くなら、あなたは、どの治療法を選びますか?